閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

腹帯と戌の日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腹帯と戌の日

今日は腹帯の話です。

最近、母と祖母から、「日本では古くから、妊娠5か月目に入った最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習がある。」と教えてもらいました。

そして、先日、父母と会った際に、腹帯をもらいました。

日本人なのに腹帯や戌の日についてまったく知らず、ちょっと恥ずかしかったです。

 

そこで、腹帯と戌の日について少し調べてみました。

 

戌の日とは

戌の日というのは、十二支の11番目にあたる日のことです。

犬は、お産が軽くてたくさんの子どもを産むため、昔から安産の守り神として愛されてきた歴史があり、それにあやかって、12日に一度やってくる戌の日に、妊婦さんと赤ちゃんの無事を願って安産祈願するようになったようです。

安産祈願のお参り

昔から、妊娠5か月目に入った最初の戌の日に、安産祈願に行くのが良いとされてきたようです。

これは、帯祝いに合わせて安産祈願をすることが多かったためです。(帯祝いというのは、妊娠5か月目の最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産をお祈りすることです。帯祝いの方法は地域や時代によって様々で、一律ではありません。)

安産祈願のお参りができる神社や寺は、全国各地にたくさんあり、どこに行かなくてはならないということはありません。

また、妊婦さん自身がお参りに行けない場合には、親族が代わりにお参りに行くことも可能です。

腹帯とは

腹帯というのは、狭義には、妊婦さんがおなか周りに巻くさらしの布の帯のことですが、広義には、妊婦さんの負担を和らげるために使用するコルセットやガードルなども含みます。

昔は、妊婦さんの実家から送ってもらうことが多かったようですが、核家族化が進んで原家族との関わりが薄れた現代では、自分で購入したり、夫側の実家から送ってもらったりと家族によって様々です。

腹帯には、2つの大きな効果があります。

腰や背中の負担を和らげる

おなかが大きくなると、腰への負担が大きくなり、腰痛を起こしやすくなります。

腹帯は、大きくなったおなかを支えて姿勢を整えるため、腰痛の予防や腰痛対策になります。

また、身体のバランスが取りやすくなるので、おなかの赤ちゃんへの衝撃を和らげることにもつながります。

おなか周りの保温・保護

おなかが大きくなると、皮膚が伸びて毛穴が開いた状態になります。

その結果、身体の熱が外に逃げやすくなり、冷えやすくなってしまいます。

そして、おなかが冷えると、周辺の筋肉が緊張してしまい、腰への負担が大きくなって腰痛になります。

腹帯をしておくことで、おなか周りを保温して腰への負担が減ります。

腹帯の種類

腹帯は、昔はさらしの布の帯一種類でしたが、現在は、大きく4種類の腹帯が売られています。

岩田帯タイプ

古典的な、さらしの布の帯です。

現在は、実際に使用している人はそれほど多くなく、帯祝い用に送られることが多いようです。

コルセットタイプ

リラックスしている時や寝るときに使用します。

ガードルタイプ

パンツスタイルや外出時に使用します。

サポートベルトタイプ

おなかの支えを簡単に調節できるタイプです。

腹帯を購入・使用する時期

一般的に腹帯の使用を開始するのは、昔からの伝統を引き継ぐかたちで妊娠5か月目の最初の戌の日からのようです。

しかし、子宮は妊娠3か月ころから大きくなるため、妊娠5か月目や戌の日にこだわらず、早めにつけ始めても問題はありません。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、

    陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、

  2. 変化する妻の体調と好み

    変化する妻の体調と好み

  3. 妻の容態が落ち着きました。

  4. 人工中絶手術

    望まない妊娠

  5. はじめまして

    はじめまして

  6. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top