閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

妊娠・出産と健康保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠・出産と健康保険

日本では、妊娠・出産には、原則、健康保険は適用されません。

妊娠や出産は病気ではないからです。

ただし、妊娠・出産に異常や問題があり、治療が必要な場合には健康保険が適用されることになります。

保険が適用されるのは、おおむね以下のような場合です。

妊娠中

つわり(重症妊娠悪阻の場合)

日常生活に支障が出るくらいの症状を妊娠悪阻(重度妊娠悪阻)といい、治療の対象となります。

流産(切迫流産、早産など)

流産や早産は治療が必要であるため、健康保険が適用されます。

病気の場合

子宮頚管無力症(妊娠の中期以降に、陣痛を伴わずに子宮頚管が開いて子宮口が開くこと)や妊娠高血圧症候群など、産婦人科系の病気の場合には治療が必要なため、健康保険が適用されます。

前期破水

陣痛が起こっていないのに卵膜が破れて、羊水が子宮外に流れ出ることを前期破水と言い、その治療には健康保険が適用されます。

超音波検査

妊婦検診で超音波検査を実施する場合は、原則、保険は適用されません。

しかし、前置胎盤(胎盤が子宮の下部にくっついてしまい、胎盤の一部が子宮口に及んだ状態。)や逆子など、医師が超音波検査を必要だと判断して使用した場合は、健康保険が適用されます。

出産・入院中

陣痛促進薬、点滴を使用する場合など

微弱陣痛(子宮の収縮力が弱くて陣痛の持続時間が短く、間欠時間が長いこと。)の際に陣痛促進薬を使用する場合、止血剤の点滴を行う場合などには、健康保険が適用されます。

吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開

吸引分娩とは、シリコン製もしくは金属製のカップを赤ちゃんの頭に当て、カップ内の空気を抜いて赤ちゃんの頭に吸着させて、赤ちゃんを引き出す分娩方法です。

鉗子分娩と鉗子(金属製のトングのようなもの)で、赤ちゃんの頭を挟んで引き出す分娩方法です。

帝王切開とは、妊婦のおなかを切って赤ちゃんを取り出す分娩方法です。

こうした分娩方法は、産婦人科によっては健康保険の適用対象にならない場合もあるので、事前に確認する必要があります。

赤ちゃんが新生児集中治療室(NICU)に入る場合

赤ちゃんが低体重で出生してNICUに入るなど、赤ちゃんに身体的な問題がある場合などには、健康保険が適用されます。

死産

死産の場合に一律に健康保険が適用されるわけではなく、死産の過程や死産と判断された時期などで、適用されるかどうかが判断されることになります。

以上の他にも、健康保険が適用される場合がありますので、事前に出産する産婦人科に確認しておいてください。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 妊娠中に気をつけたい感染症

    妊娠中に気をつけたい感染症

  2. 妊娠検査薬

    妊娠検査薬の話

  3. 妻の容態が落ち着きました。

  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~

    前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前…

  5. 不機嫌になりたくない。ケンカもしたくない。でも...

    不機嫌になりたくない。けんかもしたくない。でも…

  6. アサイージュース

    アサイージュース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top