閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

妻が疑り深くなってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妻が疑り深くなってきました

最近、友人の人工中絶手術のことが気がかりで、家庭や妻の様子にあまり気をかけることができていませんでした。

 

今日、帰宅して家の中をグルッと見てみると、新しい食器が食卓に並び、トイレには新しい花瓶と小さな花が飾られていて、妻の髪留めもいつものとは変わっていました。

妻は、季節ごとにカーテン、食器、花を変えたり、家具を移動させたりと、家の中を常に新鮮に保ってくれているので、毎日のように小さな変化を楽しむことができています。

それを今回はまとめて楽しんだ感じです。

 

それと同時に、少し前から気になっていて、今日、確信したことがあります。

妻が、以前より、私の行動や態度、持ち物、メールなどを厳しくチェックするようになったことです。

例えば、先日は、仕事帰りの私のズボンから新しく買ったハンカチを見つけて、「誰にもらったのか。」と詰問してきました。

また別の日には、シャツから女性ものの香水の匂いがすると言い出し、ケンカ寸前の状態になりました。

そうしたことが積み重なり、今日です。

私がリビングで友人にメールを打っていると、突然、後ろから妻が顔をのぞかせて、「誰とメールしてるの?女の人でしょう。ちょっと見せて。」と言って私からスマートフォンを奪い取り、メールやLineのチェックを始めました。

やましいところはないので、妻の気が済むまでチェックさせましたが、何となく不快です。

 

確かに、人工中絶手術の話では、女性の友人からの電話にまじめに話し込みましたし、昨日は男女の友人と会いに行きましたが、何もしていません。

普段も、妻が妊娠してからは、公式の飲み会以外は全て断って帰ってきているし、休日に1人で出かけることも妊娠前に比べると激減しています。

妊娠すると、身体の調子と一緒に気持ちも不安定になりがちだという話は聞いていたので、なるべく気持ちの面のサポートをしようと努めてきたつもりですが、妻にはどうも効果がなかったようです。

しかも、妻が私に対するチェックを強めてきたのは、安定期に入ってからです。

体調も気持ちも落ち着いているはずなのになぜ、という気持ちが強いです。

 

同僚に聞くと、「安定期に入ると、フッと気が抜けるんだよね。それまで辛かった心と身体の症状が落ち着いて、何でもできるようになるんだけど、それがかえって不安というか、何をしていいか分からないというか。それで何となく鬱々とした気分になって、いろいろなことが不安になってくることがあったよ。」という人がいましたが、妻も同じような状態なのでしょうか。

冒頭で書いたように、家の中のことは好んで積極的にやってくれていて、一見、妊娠前の妻と変わりないのですが、安定期ならではの気持ちの変化があるのかもしれません。

私としては、普段どおり生活しているつもりなので、どこをどう変えれば妻の気持ちが落ち着くのかよく分かりませんが、とりあえず、厳しいチェックは気分を害さずに甘んじて受け、女性の友人とのやりとりは控えようと思います。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 産科医療保障制度

    産科医療補償制度

  2. 妊娠・出産と健康保険

    妊娠・出産と健康保険

  3. サイトを作るって言っていたのに

    サイトを作るって言っていたのに

  4. 子どもができるということ

    子どもができるということ

  5. 妊娠する前にやっておきたいこと(生活編)

    妊娠する前にやっておきたいこと(生活編)

  6. 安定期

    そろそろ安定期?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top