閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

妊娠4ヶ月〜安定期はすぐそこ!胎盤ができて赤ちゃんの成長は急加速!〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠後の経過〜妊娠4か月(12週から15週)〜

妊娠4ヶ月~安定期はすぐそこ!胎盤ができて赤ちゃんの成長は急加速!~

妊娠後の経過〜妊娠4か月(12週から15週)〜

多くの女性は、つわりなどのつらい症状が治まり、基礎体温も妊娠と同じくらいまで下がって体調が良くなっていきます。

子宮では胎盤が完成し、母体と子どもがへその緒(臍帯)でつながって、いよいよ子どもの成長が進んでいきます。

女性の身体の変化

つわりが治まる

妊娠4か月目の女性の身体の変化で最も大きいのは、つわりが治まっていくことです。

つわりの症状に個人差が大きいように、つわりの治まり方も個人差が大きく、ある日パッと症状がなくなる人もいれば、少しずつ治まっていく人もいます。

つわりが原因で食欲不振に陥っていた場合、つわりが治まると食欲も回復してきます。

つわりの概要についてはこちら、つわりの具体的な症状についてはこちらで説明しています。

おなかが膨らみはじめる(子宮が大きくなる)

妊娠12週くらいになると、子宮は子どもの頭くらいの大きさまで膨らむので、女性は、おなかの膨らみを実感できるようになり、外見上も、おなか周りが少しふっくらしてきたのが分かります。

女性は、自分の身体に起こる様々な変化で敏感に妊娠を感じ取りますが、身体に変化が起きない男性は、女性のおなかが膨らみ始めたのを見て妊娠を実感する人も多いようです。

この頃から、マタニティ下着の使用を始める女性もいます。

妊娠に伴う女性の身体の変化については、こちらで説明しています。

流産の確率

妊娠12週を過ぎると、流産する確率が減少します。

流産については、こちらで説明しています。

頻尿、尿漏れ

子宮が大きくなるにつれて骨盤の上の方へ上がっていくため、子宮の下側に位置している膀胱への圧迫が弱まります。

その結果、膀胱への圧迫が原因であった頻尿や尿漏れはましになることがあります。

ただし、引き続き頻尿や尿漏れに悩まされる人も少なくありません。

妊娠に伴う女性の身体の変化については、こちらで説明しています。

血液の量が増加する

妊娠した女性の身体は、女性自身に加えて赤ちゃんにも血液を送り届ける必要が生じるため、妊娠前よりも血液の量を増やします。

その結果、血液中の白血球が増える一方で、赤血球は減ってしまうため、血液の濃度は薄くなってしまいます。

また、量は増えたものの、薄くなった血液を赤ちゃんとお母さんで分け合うため、お母さんは貧血になりやすくなります。

人間の身体は、自力で血液の濃度を濃くすることはできないので、貧血を防ぐためには、鉄分を多く含んだ食物をバランスよく摂取する必要があります。

妊娠に伴う女性の身体の変化については、こちらで説明しています。

胎盤が完成する

妊娠15週ころになると、胎盤が完成します。

胎盤は、赤ちゃんに酸素や栄養を送り届け、赤ちゃんから老廃物や二酸化炭素などを排出する役割を果たします。

また、妊娠を継続させるための女性ホルモンも分泌するようになります。

代表的なものとしては、妊娠を継続させるためのプロゲステロンや、子宮の筋肉を柔らかくするエストロゲンがあります。

前置胎盤

胎盤は、受精卵が着床した場所にできます。

通常は子宮底の近く、つまり、お母さんが立っている状態では、子宮内の上部に胎盤ができます。

しかし、胎盤が子宮の下部にできることもあり、これを前置胎盤といい、子宮口(子宮の下側にある子宮の出口)を塞いでしまう可能性があります。

前置胎盤かどうかは、妊娠4か月ころの超音波検査で分かりますが、前知胎盤だったとしても、赤ちゃんの成長度や、胎盤が子宮口を塞いでいる程度にもよるものの、経過観察になることが多いようです。

妊娠9か月までは、妊娠週数を経るうちに子宮がどんどん大きくなり、それに伴って、胎盤が押し上げられて前置胎盤が自然と解消される可能性があるからです。

へその緒(臍帯)

へその緒(臍帯 さいたい)は、お母さんと赤ちゃんを直接つなぎ、酸素や栄養の供給と老廃物の排出という赤ちゃんの成長や生命の維持に欠かせない役割を果たす器官です。

胎盤が完成すると、へその緒の臍静脈を通って、お母さんから赤ちゃんへ、酸素と栄養が送り届けられるようになります。

一方で、へその緒の臍動脈を通って、赤ちゃんからお母さんへ、老廃物や二酸化炭素など赤ちゃんにとって不要な物が送られます。

赤ちゃんの状態

妊娠15週ころには、身長は約16cm、体重は約100gまで成長します。

身体の各器官が形成され、今度はできた身体中の骨や筋肉が発達していくことになります。

子宮内の羊水の量が増加し、子どもはその中で活発に動くようになり、口を開けたり閉じたりもします。

透明だった皮膚は不透明で厚くなり、外性器も形成されるようになって、超音波検査で性別が確認できることもあります。

妊娠15週ころに胎盤が完成すると、胎盤を通してお母さんから直接酸素と栄養を受け取れるようになり、ここからどんどん発達が進んでいきます。

妊娠12週

へその緒の一部だった腸が、赤ちゃんの体内に移動して折れ曲がり、内側の壁面には染毛が生えだします。

妊娠12週から14週にかけて腎臓が作られ、尿が羊水に排出されるようになります。

歯茎の中には、歯周と乳歯が作られていきます。

妊娠13週

気管が発達し、羊水を飲み込んだり吐き出したりして、呼吸の練習を始めます。

また、口の骨に筋肉が付いて頬が形成され、顔立ちが整っていきます。

歯茎の中には乳歯も生えてきます。

親指とそれ以外の指を別々に動かせるようになります。

妊娠14週

首がしっかりしてきます。

妊娠13週ころまでは、肩に頭を乗せるような姿勢だったものが、頭を持ち上げて首を伸ばした状態を保つことができるようになります。

赤ちゃんの髪の毛の生えるパターンは、妊娠14週ころに決まります。

口を開けたり閉じたり、手を握ったり手首を動かしたりできるようになります。

足の向きを変えたり蹴ったりできるようになります。

妊娠15週

胎盤が完成します。

赤ちゃんは、胎盤を通して、お母さんから酸素や栄養を受け取り、老廃物や二酸化炭素など不要なものを排出できるようになります。

胃の形成が進み、背中にも筋肉がついていきます。

妊娠14週で首を伸ばせるようになっていたところ、妊娠15週には首と頭がまっすぐになっていきます。

足の指の爪が形成され始めます。

気をつけること

ゆったりした服を着る

妊娠4か月になると、おなかの膨らみを実感できるようになり、目で見ても分かるようになってきますが、まだまだおなかが苦しかったり、目立ったりというほどではありません。

そのため、妊娠前と同じ格好をし続ける人がいます。

しかし、外見上は目立っていなくても、おなかの中では確実に赤ちゃんが成長を続けており、おなかを締め付ける服装は赤ちゃんに負担をかけてしまうことになります。

ワンピースなどおなか周りがゆったりした服を着るよう心がけてください。

トイレを我慢しない

尿を我慢してしまうと膀胱炎になる可能性があります。

尿意をもよおしたときにすぐトイレに行くようにしてください。

便も同じです。

おなかの中に便がたまると、内蔵や子宮を圧迫してしまうことがあるので注意が必要です。

腰痛に気をつける

妊娠中の辛い症状の一つに腰痛があります。

妊娠4カ月ころの腰痛の原因は、体重の増加や、大きくなった子宮を支えるために腰椎の負担が増すためです。

妊娠中の腰痛は長引きやすいので、医師と相談の上で、マタニティインナーや骨盤矯正器具などの利用を検討してください。

腰痛が臨月まで続くと、出産時にも影響を及ぼすことがあるので、なるべく早めに対処することが大切です。

ストレスを溜め込まない

妊娠4カ月になると、おなかの膨らみを自覚するようになり、腰痛などつわりとはまた違う身体の変化に悩む女性も多くなってきます。

そして、身体の変化を、「太った。」、「身体の機能が落ちてきた。」などとネガティブな方向に受け取ってストレスを感じる人は少なくありません。

しかし、妊娠中の身体の変化は、おなかの赤ちゃんがすくすく育つためのポジティブな変化です。

そのため、お母さんも自分の身体の変化をポジティブに捉えることが大切です。

お母さんのストレスはおなかの赤ちゃんにも当然伝わりますから、気持ちは前向きに、ストレスは少なくなるよう心がけてください。

食べ過ぎない

つわりが治まると急に食欲がわき、ついつい食べ過ぎて体重が激増したという人は少なくありません。

また、これまで食べられなかった分、赤ちゃんにたくさん栄養をあげなくてはならないという思いから食べ過ぎてしまう人もいます。

しかし、お母さんが、1日3食、栄養バランスの取れた食事を食べていれば、赤ちゃんは、成長に必要な栄養をお母さんからきちんと受け取り、すくすく成長していきます。

一方で、食べ過ぎによる急激な体重の増加は、妊娠糖尿病や妊娠中毒症のリスクを高め、難産の原因になる上、出産後にも影響を及ぼすことがあるので、食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。

むくみ(浮腫)に気をつける

妊娠中は、妊娠していないときに比べて、足首や足の甲にむくみができやすくなります。

むくみ対策としては、長時間の立ち仕事を控えたり、塩分を控えたりするのが有効です。

また、ストレッチや軽めのランニングなど、適度に身体を動かすことも効果的です。

仰向けに寝る時間を減らす

仰向けで寝ると、脊椎の右側にある血管を圧迫してしまい、血流が悪くなってしまいます。

そのため、就寝時には意識して、左を下にして眠るようにしてください。

妊婦用の抱き枕を使用すると眠りやすくなります。

乳児期の子育て

妊娠中の過ごし方については、こちらで詳しく説明しています。

妊娠から出産までにかかる費用については、「妊娠から出産までにかかる費用」で説明しています。

妊娠3カ月の女性の身体の変化と赤ちゃんの状態については、こちらからどうぞ。

妊娠5カ月の女性の身体の変化と赤ちゃんの状態については、こちらからどうぞ。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. happy_man6

    赤ちゃんが生まれました!!!

  2. 妊娠前にやっておきたいことって、意外とやっておけない

  3. 積み木

    ニキーチンの積み木(知育)

  4. アサイージュース

    アサイージュース

  5. 絵本の読み聞かせ(胎教)

    絵本の読み聞かせ(胎教)

  6. 妊娠中に気をつけたい感染症

    妊娠中に気をつけたい感染症(赤ちゃんへの影響)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top