閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

今日はちょっとお父さん化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとお父さん化

2日前、「お父さん化は持続しない」という記事を書きました。

内容は、妊娠が分かった後、妻は着々とお母さんになっている一方で、私は一時的にお父さん化するものの、それが持続しないというものです。

 

そして今日、やはり一時的にですがお父さん化した気がします。

 

妻の妊娠が分かった後、私の死亡保険金を高く設定し直したり、出産・入院用のお金を積み立て始めたりと、赤ちゃんが生まれて来るのに備えたお金の準備を始めました。

初めての経験なので、経験者である私の親にもアドバイスをもらっており、その中で、親からは、学資保険は早くから調べておいた方が良いと言われていたのですが、学資保険という名前から、子どもの教育に関する積み立てをするだけの簡単な保険だと思ってすぐには調べませんでした。

そうしたところ、今日、たまたま保険のお姉さんが営業に来たので、少し学資保険について尋ねてみると、一口に学資保険と言っても、貯蓄型のものからさまざまな特約が付けられる補償型のものまで幅広いことを知らされ、気がついたらお姉さんの話に聞き入って必死にメモを取っていました。

かなり前のめりになっていたようで、お姉さんからは、「生まれる前のお子さんのことで、ここまで真剣に聞かれる方は初めてです。」と笑われてしまいました。

帰宅してから、ネットでも調べてみましたが、保険の一ジャンルを成していると言っても過言ではないくらい、各社独自性を打ち出した学資保険を売り出していることが分かりました。

 

お金の話は妻とも相談することにしていたので、お姉さんやネットで得た情報を妻にも伝え、どの会社のどの学資保険が良いかについて話し合いました。

そして、話し合いの中で、妻は「元本割れするけど、赤ちゃんに何かあったときに保険が使える補償型がいい。」と主張し、私は妻に賛成したのですが、それを聞いた妻が驚いた表情を見せ、それからニヤッとしました。

「賛成したのに、なんでそんな顔をするの。」と不思議に思って聞いてみると、妻からは、「ぜったい元本割れしない貯蓄型を勧めてくると思った。」、「ちょっと考え方がお父さんになってきてるんじゃない。」という答えが返ってきました。

また、「私は、元本割れしたり掛け捨てになったりするものが大嫌いで、妻と結婚するまでは保険も一切かけていなかったのに。」とも言われました。

それを聞いて、嫌みっぽいなあと思ってムッとする反面、「確かに、以前の私なら迷わず貯蓄型だったな。」とも思い、元本割れにこだわらなかった自分に驚きました。

そして、「妻が言うとおり、今日は考え方がお父さん化しているんじゃないか。」と、内心、ニヤッとしました。

その後は、すぐに夫に戻ってしまいましたが、こういうちょっとした変化が積み重なって、少しずつお父さん化していければいいなと思いました。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 初めて産婦人科で診察を受ける〜産婦人科の選び方〜

    産婦人科の選び方

  2. いつ産婦人科を受診するの?

    いつ産婦人科を受診するの?

  3. 体重が増え続ける妻

  4. 妊娠前にやっておきたいことって、意外とやっておけない

  5. 弓弦羽神社のお守り1

    安産のお守り

  6. 妊娠後の経過

    妊娠前期(1ヶ月~3ヶ月)~検査薬はいつ使う?つわりはしんどいの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top