閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

妊娠中に気をつけたい感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠中に気をつけたい感染症

妊娠中の女性は、体調、食事、体重、ストレスなどいろいろなことに気をつける必要がありますが、特に気をつけなければならないのが感染症です。

ここ1、2年、妊娠中に風疹に感染した女性から生まれた赤ちゃんが、難聴や白血病などを抱えて生まれてくる可能性があることが、ニュースなどで繰り返し取り上げられてきましたが、風疹だけではなく、性感染症やトキソプラズマなど、妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんに影響を及ぼす感染症はたくさんあります。

 

知ったようなことを書きましたが、実は、私は、妻が妊娠するまで何の検査も受けておらず、妻が妊娠した後に感染症の怖さを知って焦り、産婦人科の医師と相談して、風疹などの予防接種を受けました。

妊娠前にやっておきたいこと(検査編) でも少し説明しましたが、理想的なのは、子づくりを始めようと思った段階で、男女一緒に感染症の検査や予防接種を受けることです。

しかし、私と同じように、妊娠が分かった後に感染症の危険に気づく人も少なくないと思います。

その場合でも、産婦人科の医師に相談して対応すれば、その後のリスクは減らすことができるので、まずは、男女揃って産婦人科を受診し、感染症の検査だけは受けてみてください。

男女揃ってというのは、男性が感染し、女性にうつしてしまう可能性があるからです。

実際、風疹が社会現象になった際も、男性が感染して女性にうつすケースがたくさん報道されていました。

 

以下は、感染症の基本的な内容と、母子感染について説明しています。

同じ内容は、ブログトップページもしくはブログタイトル画像下のメニュー「初めての妊娠・初めての産婦人科」にも載せてあります。

 

感染症とは

人の周りに無数に存在するウィルス、寄生虫、細菌などの病原性の微生物が、人の体内に侵入することで発症する病気をまとめて感染症といいます。

感染症は、病原性の微生物が、人の体内に侵入し、定着し、増殖することで発症します。

感染しているのに症状が現れない場合があることに注意が必要です。

感染しているのに症状が現れない人を不顕性感染者といいます。

不顕性感染者は、知らない間に保菌者になり、症状がないため感染症の手当をしないまま日常生活を送るため、病原菌を周囲にまき散らし、感染を拡大させる可能性があります。

どこから感染する(感染源)

感染症の原因となる病原菌は、いずれも目に見えないので、予防のためにはどこからどのように感染するかを把握しておくことが大切です。

しかし、感染源は、感染症に感染した人だけでなく、食べ物や飲み物、動物など多岐にわたります。

また、不顕性感染者もいるため、感染症を完全に予防することは難しいのが現状です。

 

どのように感染する(感染経路)

感染症は、病原体が何らかの方法で病原菌が体内に入ることで発症します。

主な感染経路は以下のとおりです。

接触感染

皮膚や粘膜に直接触れたり、手、ドアノブ、便器、スイッチなどに付着している病原菌に触れたりすることで感染するものを、接触感染といいます。

代表的な感染症:エイズ、クラミジア、ノロウィルス、腸管出血性大腸菌(0157)

飛沫感染

他人の咳やくしゃみ、つばなどに含まれる病原菌を吸い込むことで感染するものを、飛沫感染といいます。

代表的な感染症:インフルエンザ、おたふく風邪、風疹

母子感染(垂直感染)

お母さんから赤ちゃんに、胎盤や母乳を介して病原体が直接送られることで感染するものを、母子感染といいます。

 

妊娠中に気をつける理由

妊娠中でなくても感染しないにこしたことはありませんが、妊娠中は特に感染しないよう気をつける必要があります。

妊娠中に感染すると、女性だけではなく、おなかの赤ちゃんにまで影響を及ぼすことがあるからです。

予防接種を受けていたり、以前に感染したことがあったりすると、そもそも感染しにくく、感染したとしても症状が軽いことも多いのですが、妊娠中に初めて感染した場合には、おなかの赤ちゃんに深刻な影響を及ぼすことがあります。

各種感染症に有効な予防対策を徹底すること、妊娠する前に産婦人科で抗体検査を受けて主な感染症の抗体の有無を確認し、必要に応じて予防接種を受けておくことが大切です。

また、セックスや飛沫感染によって感染する可能性もあるため、妊娠中の女性だけが注意していても感染症を防ぐことはできません。

パートナーの男性をはじめとする家族も、妊娠中の女性と同じように、予防対策を徹底し、予防接種を受けることが大切です。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 弓弦羽神社のお守り1

    安産のお守り

  2. 積み木

    ニキーチンの積み木(知育)

  3. 悪いことは重なるもの

    悪いことは重なるもの

  4. ワールドカップ2014ブラジル大会閉幕

    ワールドカップ2014ブラジル大会閉幕

  5. 鍋

    季節外れの鍋が意外とおいしい

  6. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴を受け始めました

    錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top