閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

夫婦水入らずの時間が必要なのは男性だけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦水入らずの時間が必要なのは男性だけ?

開放感でいっぱいです。

懸案だった仕事を、無事得意先に納めることができました。

しかも、知人の紹介で、新規顧客が舞い込むという幸運も重なりました。

風向きの悪い日もあれば良い日もあるということを強く実感できました。

こんな日が続けば良いな。

 

明日からは3連休ですね。

妻と私は特に予定を立てていませんが、妻の体調が良ければショッピングモールにでも行ってみようかと思っています。

先日は、マタニティウェアを大量購入されてしまったので、今回は財布の紐はギュッとしめつつ、美味しいものを食べたり、映画を見たりしてゆっくりしたいです。

 

赤ちゃんが生まれると、夫婦水入らずの時間って、思うようにとれないように聞きます。

赤ちゃんが生まれると、夫婦水入らずより、親子3人一緒にいたいと思うようになるのかもしれませんが、個人的には大人だけで過ごしたい時もある気がします。

先輩パパに聞いてみると、やはり奥さんと2人で過ごしたくなることはあるそうで、そういうときは親に赤ちゃんを預けるか、赤ちゃんが保育園にいる時間帯に休みを取って夫婦で出かけるそうです。

なるほどと思う反面、いざ自分がやるとなると、赤ちゃんにも親にも何と無く申し訳なく感じそうです。

最近は、子ども連れで入退場できたり、子どもが楽しめるエリアを設けていたりする施設も多いので、子どもが少し大きくなれば一緒に出かけても問題なさそうですが、生まれてからしばらくはそれも難しいでしょうから、何かいい方法を考えないといけません。

 

ところで、同じ質問を先輩ママにしてみたところ、多かったのは、「夫婦水入らず?別にいらないけど。夫婦水入らずの時間を作るくらいなら、母子水入らずの時間を増やしたい。」という意見。

男性にとってはなんとも手厳しい意見です。

妻にも質問してみると、「どこでも親子3人ででかければいいじゃない?何か問題あるの?」という答えが返ってきました。
「家族が増えて、いつも3人一緒にいられるなんてこれ以上の幸せはないのに、なんでわざわざ2人で出かけないといけないの?どうせ2人なら赤ちゃんと出かける。」とも言われました。

うーん、正論なんだけど、もうちょっと男の気持ちも分かってほしかったです。

 

子どもができても夫婦二人の時間が欲しいと思うのは、男性だけなんでしょうか。

この調子だと、赤ちゃんが生まれたら、妻と赤ちゃんが二人だけの時間を過ごし、私だけ仲間はずれなんてこともあり得るのかもしれません。

着々とお母さん度がまして行く妻と、未だにお父さん度が低い状態でとどまっている私の差を感じてしまいます。

理想を言えば、夫婦が揃ってお父さんお母さんになって子ども中心の生活を送り、夫婦仲も良好であり続けたいのですが、もしかしたら、妻と赤ちゃんに見放されないように、必死になることになるかもしれません。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. ムカムカと吐き気

    ムカムカと吐き気

  2. 続・お父さん化の話

    続・お父さん化の話

  3. 「ああ、早く夏が過ぎ去って欲しい。」、そう思って、まだ梅雨すら来ていないことを思い出す、そんな今日この頃です。

    「ああ、早く夏が過ぎ去って欲しい。」、そう思って、まだ梅雨すら来…

  4. 積み木

    ニキーチンの積み木(知育)

  5. エアコン

    エアコンがなくて苦しむ私とエアコン嫌いの妻

  6. 私は赤ちゃん

    私は赤ちゃん

コメント

  1. お邪魔させて頂きます。
    枚方さんはとても奥様と仲良しなんですね。
    旦那様にショッピングに誘ってもらえる奥様が羨ましいです。
    私の夫はショッピングが苦手なもので・・・。
    私は子供が1歳になった今、夫や子供より自分一人の時間が欲しいと思ってしまいます。
    もっとお母さん度を上げなくてはいけないなと後ろめたさを感じつつ、イラストを描いております。

      • akihirakata
      • 2014年 7月 19日

      松竹リラさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      私も、松竹さんのように、ブログに載せられるようなかわいい絵を描きたいのですが、どうにも才能がなくてダメです。

      妻とは一緒にショッピングに行きますが、待ち時間が長いので、買い物している妻を残して1人でショッピングモール内を散策していることが多いですよ。

      自分1人の時間は大切ですよね。
      四六時中一緒にいると、自分の赤ちゃんでも疲れてしまうことってあると思います。
      適度に息抜きできると良いですね。
      妻の立場で考えると、私(夫)のことが煩わしいことも多々あるんだろうなという気はしますが、怖くて聞けません。
      赤ちゃんが生まれると、その傾向は嫌でも強くなるんだろうという覚悟はしていますが・・・

  2. こんばんは*

    記事を読ませていただいて、とても男心の勉強になります。笑

    娘はそろそろ2歳ですが、子供が生まれてから今までを振り返ってみると・・

    最初の1年間はとにかく「初めての育児」に必死でいっぱいいっぱいになり、それ故「少し一人になりたいな」と思うことが多かったです。

    もちろん、旦那さんと一緒にいたい気持ちもあるのですが、それを大きく上回る疲労というのでしょうか・・
    ずっと赤ちゃんと向き合っているのは、想像以上に息が詰まりました。

    なので、初めはそうでもどうかショックを受けずに待っていてください。笑

    今では、3人で遊ぶのがとても楽しく、旦那さんとも2人でデートしたいな~なんて気持ちになってますよ^^

    ちなみに旦那さんをみていると、私を外出させて娘と二人でいるのも、密かな楽しみのようです。

      • akihirakata
      • 2014年 7月 22日

      豆ママさん、こんばんは。
      なるほど、「1人になりたい。」というのは新鮮でした。
      いくら可愛くても、四六時中一緒だと、息が詰まる感じになるんですね。
      そうすると、夫としては、できる限り赤ちゃんの面倒を見て、妻に1人で過ごせる時間を持ってもらうことが良いのかな?
      かといって、普段から育児に積極的に関わっていないと、新生児や乳児と2人きりだと何もできなさそうですね。
      まだ先の話ですが、豆ママさんのご主人のように、子どもと2人で楽しく過ごせるようになりたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top