閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

悪いことは重なるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悪いことは重なるもの

今日は、早まった納期までに仕事を完了させるべく、朝から晩までバタバタしました。

分刻みで報告書を作り、メールをチェックし、新たな受注を受け、出張に出かける。

我ながらやればできるものだと、ほんのちょっぴり自尊心を高める代償に、この時間になると疲れがどっと出てきました。

リゲイン、リポビタンD、レッドブル、アリナミンV、ドリンク剤の力を借りる日も近そうです。

 

こう書くと、仕事だけで疲れたみたいですが、今日の疲れは仕事だけが原因ではありません。

タイトルのとおり、悪いことが重なったことも、疲れの原因になっています。

 

一つ目は、先輩が抱える仕事まで納期が早まったことです。

こちらは、1週間程度なので、それほど慌てずに済むようですが、それでも数日は自分の仕事に集中することになるのは間違いありません。

先輩は私より遥かに仕事が早く、私が苦手な分野を陰ながら完璧にフォローしてくれる方なので、数日でも手が借りれなくなるのは実務的にも精神的にも痛手です。

 

2つ目は、妻の体調です。

妻は、妊娠11週を超えて体調が良い日が続き、朝も起きられる日が増えてきて、家事もほとんどこなせるようになり、買い物にも出かけられる日が増えてきました。

昨日は、案の定、作ってもらえませんでしたが、機嫌が良い時は夕食も作ってくれるようになっています。

それが、今日は朝から頭が痛い、熱っぽいし、身体もだるいと言いだしました。

昨日、私の仕事が忙しくなることが分かって妻とケンカしたばかりなので、だだをこねているのかと思ったのですが、本当にしんどそうで、熱をはかると38℃もありました。

病院に行くように勧めましたが、ゆっくり寝ていれば治ると言って聞かないので、急遽1時間だけ休みを取って、お粥を作ったり、熱さまシートやポカリスエットを買いに行ったりして、妻が眠るのを確認してから出勤しました。

昼過ぎに、起きてきた妻から電話があり、「気分はだいぶマシになったけど、まだ熱がある。」と言うので、再度病院に行くよう勧めましたが聞いてもらえませんでした。

「赤ちゃんのために」という、妻がいつも使う殺し文句を言ってみると、かなり気持ちが揺らいだみたいですが、結局はもう一度寝て夜まで熱が引かなかったら病院に行くと言うだけでした。

妻の体調に加え、風邪がおなかの赤ちゃんに悪い影響を与えないかという心配もあります。

妻はもともと病因嫌いなので、病院に行かない決断は想像に難くなかったのですが、もう少しおなかの赤ちゃんのことを考えても良いのではないかと思ってしまいます。

 

最後は、これはまあ小さなことなのですが、傘を置き忘れてしまいました。

今日は朝から雨だったので、傘を持って出たのですが、出張先を出るときには雨が止んでいたので、傘立てにさしたまま帰ってきてしまいました。

傘自体はコンビニのインスタント傘ですし、次回、出張したときに取りに行けばいいのですが、傘を置き忘れるのはここ3か月で3本目なので、個人的にはけっこうショックです。

明日は、少し良い日だと嬉しいのですが、今週は運気が良くないようです。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 鍋

    季節外れの鍋が意外とおいしい

  2. 「ああ、早く夏が過ぎ去って欲しい。」、そう思って、まだ梅雨すら来ていないことを思い出す、そんな今日この頃です。

    「ああ、早く夏が過ぎ去って欲しい。」、そう思って、まだ梅雨すら来…

  3. 初めての産婦人科の診察

    初めての産婦人科の診察①

  4. 妊娠する前にやっておきたいこと

    妊娠する前にやっておきたいこと(検査編)

  5. 体重が増え続ける妻

  6. 妻の妊娠が分かって2週間

    妻の妊娠が分かって2週間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top