閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

母子手帳をもらいに行こう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
母子手帳をもらいに行こう

初めての産婦人科の診察①初めての産婦人科の診察②で、産婦人科で診察を待っている間に母子手帳をもらいに行ったと書きましたが、今日は母子手帳をもらいに行った保健センターでの様子について少し書いてみます。

 

なお、私の母子手帳の申請方法はイレギュラーです。

母子手帳の一般的な申請方法などは、こちらで詳しく説明していますので参考にしてください。

 

妻の妊娠が分かった段階で、早めに母子手帳を交付してもらいたいと思っていました。

妻が外出中にしんどくなったり倒れたりしたときに、母子手帳を持っていればすぐに妊婦だと分かってもらえて適切な対応を取ってもらいやすいと思ったからです。

しかし、母子手帳をもらうタイミングやもらいに行く場所がよく分からなかったので、まずは産婦人科で診察を受けて、そこで聞いてみようと思っていました。

 

産婦人科の受付に聞いてみると、診察を受けて妊娠と判断されたら市役所か保健センターに行くように言われたので、そのときは診察が終わったら行くことにしていました。

しかし、産婦人科での待ち時間が以上に長かったので、待ち時間中に、私が病院近くの保健センターへ母子手帳の申請へ行くことにしました。

 

保健センターではまず受付に行き、「母子手帳の申請をしたい。」と声をかけました。

すると、担当の保険師が出てきて、母子手帳の届出書を手渡されました。

届出書の内容は、産婦人科の問診票に似た項目もありましたが、「妊娠を望んでいたか。」、「父母から愛情をかけて育てられたか。」、「妊娠後にサポートしてもらえる人はいるか。」など、妊婦の生活史や妊娠に対する姿勢、周囲のサポート体制などを尋ねる項目が多かったです。

妻でないと分からない項目が多く、嘘を書くわけにもいかないので、人定事項と既往歴のみ記入しました。

「妻が産婦人科で診察を受けているので、後で一緒にセンターに来て記入したい。」と伝えると、保険師は了解してくれ、「医師に提出を求められるかもしれないから。」といって、母子手帳と母子手帳別冊(補助券)を交付してくれました。

本来は、妻本人がセンターへ来て、申告した上でないと交付されないところを、特別に交付してくれたようでした。

後ろの職員がいぶかしそうな顔でこちらを見ていたので、大丈夫なのかと思いつつ、病院に戻りました。

 

その後、病院で診察を終えて、妻と一緒にセンターへ行って先ほどの保険師に声をかけ、申請書の質問事項に記入して提出しました。

保険師からは、母子手帳副読本、マタニティ食事レッスン、すくすく子育て手帳、マタニティスクールのご案内を手渡され、また、現時点で不安なことはないかと質問されました。

妻は診察で疲れていたのかほとんど黙っていたましたし、保健師の話も四方八方に話が散る上に長かったので、私が妻の体調や食欲不振について2、3質問して早めに切り上げました。

 

帰宅して、パンフレットを見てみると、市が主催の妊娠講座がけっこう充実しており、男女一緒に参加できるものも多かったので、積極的に参加してみようと思います。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 夫婦水入らずの時間が必要なのは男性だけ?

    夫婦水入らずの時間が必要なのは男性だけ?

  2. 自己紹介

    自己紹介

  3. 産科医療保障制度

    産科医療補償制度

  4. こむら返り

    こむら返り

  5. 母子手帳

    母子手帳は情報の宝庫

  6. happy_man6

    赤ちゃんが生まれました!!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top