閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

料理ができない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
料理ができない

いきなりですが、私は、料理が一切できません。

 

大学まで実家にいて、就職後に2年間一人暮らしした際もほとんどコンビニと外食に頼りっきりで、その後は料理がうまくて家事仕事に前向きな妻と結婚したので、学ぶ機会も学ぶ意欲もなくここまで来ています。

それを今、とても後悔しています。

 

これまでは、朝昼晩と欠かさず妻がご飯を作ってくれており、夜食が欲しいとかお菓子が食べたいとか注文をつけても、文句を言いながら、なんでも作ってくれていました。

それが今は、朝起きられないくらい妻が参っていて、朝食や昼食を作れない状態が続いています。

そのため、朝はお茶漬け、昼は社内食堂というパターンが定着しつつあるのですが、お茶漬けではご飯しか食べませんし、社内食堂では好きな丼物ばかり頼んでしまうので、栄養が偏ってしまいます。

栄養バランスを考えて注文すればいいのですが、「お金を払って料理を注文するのに好きなものが食べられないなんて。」という気持ちが勝って、いつも野菜少なめなメニューを選んでしまいます。

夜は妻が食事を作ってくれますが、体調の悪いときだとラーメンとか、丼物が多くなります。

今日は、朝がお茶漬け、昼がカツ丼、夜が親子丼という米三昧の一日でした。

どれも好物なのですが、我ながらさすがにバランスが悪すぎだと思いました。

 

栄養バランスの整った食事を摂るための現時点での選択肢は、妻が回復して朝昼晩と食事を作ってくれるようになるか、自分で作れるようになるかの二つです。

妻の体調はしばらく戻らないと思いますし、戻ったからといって妊娠中なので無理はして欲しくありません。

同じ理由で、出産が終わって落ち着くまでは、私からは頼みにくいです。

実家にご飯を食べに行く、という隠れた選択肢もあるにはありますし、行けない距離ではないのですが、何と無く抵抗があります。

妻からも文句を言われそうです。

そうすると、必然的に残るのが、自分で作れるようになるということです。

 

最近は、もこみちさんのように、料理ができる男性が増えてきている中で、なぜここまで料理に手を出さなかったのか、自分でも不思議な感じがしますが、この機会にネットを見ながら少し勉強してみようと思います。

まずは、卵焼き、チャーハン、ラーメンあたりでしょうか。

あまり、外食と変わっていない気がしますが、最初は心がくじけてしまわないように、簡単なところから挑戦してみるつもりです。

妻に言うと、気を使ったり、教えてくれようとしたりする気がするので、寝ているときなどにこっそり練習します。

明日はちょうど休みなので、これからネットで調べてみようと思っています。

 

それにしても、妻が妊娠する前に、もっと家事の基礎くらいはきちんと覚えておけばよかったと後悔しています。

料理以外にも、妻が妊娠した後になって「妊娠する前にしておけばよかった。」って思うことはたくさんあるので、そのうちまとめてみたいと思っています。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ
The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 初めての産婦人科の診察

    初めての産婦人科の診察①

  2. 妻が妊娠して2日目

    妻が妊娠して2日目

  3. 絵本を読み聞かせる

    絵本を読み聞かせる

  4. 妻が妊娠した後にできること

    妻が妊娠した後にできること

  5. 体の節々が痛い、寝付きが悪い、便秘になるetc…

    体の節々が痛い、寝付きが悪い、便秘になるetc…

  6. 初めて産婦人科で診察を受ける準備

    初めて産婦人科で診察を受ける準備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top