閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

「手伝って欲しい時はちゃんと言うから嫌がらずに手伝って。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「手伝って欲しい時はちゃんと言うから嫌がらずに手伝って。」

妻の妊娠が分かって5日目。

今日の妻は、朝からかなりしんどそうでした。

朝起きて、体温を測って記帳して、布団から出て、スーツやシャツの用意までしてくれたところでダウンしたようで、私が起きたときには、和室でブランケットをかぶって寝ていました。

私が起きたのに気づくと、起き上がって朝食を作ってくれようとしていましたが、身体がいうことを聞かない様子だったので、「そのまま寝てていいよ。」と声をかけて、自分でお茶漬けを食べました。

普段もだるそうにしていることはありますが、「寝てていいよ。」と言うと、「大丈夫」と即答して、朝食の準備をしてくれます。

しかし、今日はそのまま畳にうずくまっていました。

生理中や風邪を引いた時よりずっとしんどそうなので、「病院に行こうか。」と聞きましたが、「このまま横になっていたい。」と言うので、とりあえず出勤することにしました。

「何かあったらすぐ連絡して。」とは伝えましたが、心配です。

 

昨日も書きましたが、「女性が自分ではどうすることもできない体調の変化」の辛さを目の当たりにして戸惑っています。

風邪とかインフルエンザのように、自分が経験したことのあるものなら、その辛さも対応もわかりやすいのですが、妊娠中の辛さは経験がない分、辛さの度合いやどう対応すればいいのかが分かりません。

目の前の辛そうな姿を見て、何もできないことにもどかしさも感じます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

通勤電車の中で記事を書いて投稿した後、出勤するなり新しい仕事が次々舞い込んで、忙しくて妻に連絡することすらできませんでした。

そのため、帰宅前に電話しましたが妻の応答がなく、心配して家に帰りましたが、妻は、元気に出迎えてくれました。

夕方には起きて家事もできたようで、家の中は片付いていて、気分も良さそうでした。

 

一安心です。

 

ご飯を食べながら、「しんどい時は帰宅してから家事をするし、買い物も私がするよ。」という話をしました。

内心、「良いこと言ったな。」なんて思っていましたが、妻から返ってきたのは、少し眉間にしわを寄せたシブい顔と、「主婦として家のことはきちんとしたい。手伝って欲しい時はちゃんと言うから嫌がらずに手伝って。」という言葉でした。

昨日、電話で私がイラッとしたのに気づいていたようです。

 

妻のためを思って言ったつもりだったので、「どうしてやる気に水を刺すようなことをいうのか。」という気持ちも起きましたが、妻のペースに合わせることが、妻にとっては一番負担がかからないのかなという気もしたので、「じゃあ、しんどいときとか手伝ってほしい時ははっきり言ってね。」と伝えました。

妻は、ニヤッとしてそのまま台所へ行き、その後は別の話になったので、了解なのかどうかよく分かりませんでしたが、悪い気はしなかったようです。

 

少しして、「あれをやれ、これをやれ。」と言うのと同じように、「あれは私がやる。」とか「これはしなくていい。」という言い方は、どこか上から目線なので、妻としては嫌な気持ちになったんだろうなということを、少ししてから気づかされました。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ
The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 絵本を読むとおなかが動く

    絵本を読むとおなかが動く

  2. 分娩の兆しとはじまり

    分娩の兆しとはじまり

  3. 安定期

    安定期に入ったようなので

  4. マタニティウェア

    マタニティウェア

  5. 悪いことは重なるもの

    悪いことは重なるもの

  6. サイトを作るって言っていたのに

    サイトを作るって言っていたのに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top