閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

出産予定日直前の妊婦検診に行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、出産予定日直前の妊婦健診に同行してきました。

ここ数回は、仕事の都合で同行できていなかったので、入院する際のことや、出産が遅れた場合に陣痛促進薬を使用するかどうかについて医師と相談しなければならないと思っていました。

 

病院に着くと、妻は手馴れた様子で受付を済ませ、尿検査を受けに行き、尿検査が終わると、産婦人科へ行って体重と血圧を測りだしました。

私は、荷物を持って近くで待っていたのですが、測定結果を見て妻が大きな声を出したので、何事かと思って見に行くと、一週間前よりも体重が1キロ以上増えており、血圧も上が20くらい上がっていました。

妊娠4,5ヶ月のころから、妻は妊婦検診の度に体重要注意と言われていたのですが、臨月になってもまだ体重の増加が止まりません。

前々回あたりから、「体重増加は止まらないから諦めた。」と言って開き直っていましたが、やはり数値として出てくるとショックだったようです。

血圧の高さは私も衝撃でした。

これまで、体重以外問題がなかったので、ここへ来て高血圧が出るとは思っていませんでした。

しかし、受付の人に結果を報告すると、もう一度測り直すよう勧められ、測り直すといつもと同じくらいの数値が出ました。

どうも、病院まで歩いてきたことで血圧が上がっていたようです。

診察室に入ると、まず医師から体重増加について指摘を受けました。従前のように厳しさはありませんでしたが、「難産になりますよ。」と冷たく言われてしまいました。

その後、エコー検査を受けたのですが、赤ちゃんは3600gから3800gまで成長していると言われました。

前回の妊婦検診のときは3200gくらいだったので、一週間で500gくらい大きくなったことになります。

このままいくと、出産予定日には4000gを超える計算になります。

医師からは、「これ以上大きくなると難産になってしまうので、次回の健診(出産予定日の後)でまだ生まれないようであれば、陣痛促進薬の使用を検討しましょう。」と言われました。

また、医師は、「陣痛を早めるために子宮口に触れておくので少し痛みますよ。」、「しばらくは出血する。」と言って、内診をしてくれました。

健診後に妻に聞くと、今日の内診はすごく痛かったと言っており、帰宅後も、たくさん血が出たらしく不安がっていました。

調べてみると、陣痛を早める効果は確かにありそうですが、妻が痛そうにしているのを見ると辛い気持ちになります。

 

出産予定日まであと一週間弱、妻と一緒に適度な運動をしながら、頑張っていきたいと思います。

 

枚方あき

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 続・お父さん化の話

    続・お父さん化の話

  2. 「手伝って欲しい時はちゃんと言うから嫌がらずに手伝って。」

    「手伝って欲しい時はちゃんと言うから嫌がらずに手伝って。」

  3. 「今日」という詩を知っていますか

    「今日」という詩を知っていますか

  4. 妻が妊娠した後にできること

    妻が妊娠した後にできること

  5. 分娩の兆しとはじまり

    分娩の兆しとはじまり

  6. マタニティスクール1

    マタニティースクール1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top