妻の体重増加 | 男の妊活
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

妻の体重増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妻の体重増加

かなり久しぶりの投稿になります。

妻の容態が落ち着き、妊婦検診でも母子ともに元気だと言われる状況が続くようになったので、少しずつ投稿を再開していこうかなと思っています。

突然、休止してしまい、読んでくださっていた方にはご迷惑をおかけしました。今後は、以前のように毎日書くことは難しそうですが、妻の様子や仕事の繁忙度を見ながら、随時記事を書いていきたいと思っています。

 

妻の体重増加

さて、タイトルのとおり、妻の体重増加についてです。健康状態には問題ないのですが、9月から10月の妊婦検診の間に約5kg体重が増加しました。

産婦人科の医師から「体重の増加に注意が必要」と厳しく注意され、医師の勧めで栄養士の栄養管理講座を受講しました。

講座では、肉の量を減らして魚の量を増やすこと、果物の量を制限することなどを注意されました。特に、妻は果物が大好きで、一日にりんご2個、バナナ1本、みかん10個くらい食べることもあったので、大幅に制限するよう言われました。栄養士曰く「果物は1日に1種類にすること。りんごなら一日半個、バナナは1本、みかんは2個。」とのことです。

妻は、講座では殊勝な態度で聞いていましたが、講座が終わるなり深刻な顔になり、「できるわけない」と真剣に悩み始めました。個人的には、ストレスを感じるのがおなかの赤ちゃんには一番悪いと思っているので、「栄養士の言うことは念頭に置いて、毎日体重を量りながら、ストレスを感じない程度に食べたら。」と提案しました。

 

そして今月。

妊婦検診で再び体重増加を注意されました。

私は仕事で同席できず、母がついて行ってくれたのですが、医師からはけっこう厳しく体重管理を求められたようです。診察の後は、看護師からも注意を受けたと言っていました。

私が見る限り、妻が食べる量はかなり減りましたし、診察前日に体重を確認したところ、10月に比べて1.5kgくらいの増加だったので、なぜそこまで怒られないといけないのか疑問に思いました。

職場で相談すると、「病院側は体重や血圧について神経質に注意してくるけど、そんなに気にすることはないよ。」という声が多く、少し安心しました。妻に報告すると安心した様子でしたが、医師や看護師に注意された不安は拭いきれないようだったので心配です。

次回の妊婦検診にはなんとか同席して、体重増加による影響や、妻の現在の体重で生じうる問題などについて詳しく聞いてみようと思います。体重が急激に増加したのは妻や私の管理の問題ですが、病院側にはもう少し不安にならずに済むような伝え方をして欲しい気がします。

妊娠中の体重増加については、こちらで説明しています。

 

枚方あき

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 妻が疑り深くなってきました

    妻が疑り深くなってきました

  2. 保険の話

    保険の話

  3. いつ産婦人科を受診するの?

    いつ産婦人科を受診するの?

  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~

    前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後…

  5. お父さん化が持続しない

    お父さん化が持続しない

  6. 人工中絶手術

    「堕ろすことにしたよ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top