閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

妻が妊娠して2日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妻が妊娠して2日目

昨日は、妻の妊娠が分かり、ひとしきり喜んだ後、親に報告し、近くの産婦人科を調べ、アマゾンで妊娠に関する本を数冊購入しました。

 

私としては、長男の嫁が妊娠したということで、父母は狂喜乱舞するのではないかと予想していましたが、電話してみると意外と冷静でした。

喜んでくれている様子は電話口でもありありと伝わってきましたが、母からは、病院のことや妻の体調管理のことなど具体的な話をたくさんされ、父からは、お金の心配をされました。

普段はのんびりしている父母ですが、さすがに子どもを育てた経験者、頼りになる感じでした。

産婦人科については、意外と自宅の近くにたくさんあることが分かり、ほっとする反面、どこに行けば良いんだろうという悩みができました。

経験豊富な医師や女医がいる病院、単純に大きな病院、小さいけど個性的な病院など、どれを優先すれば良いのかしばらく悩みそうです。

妊娠に関する本も、思った以上にたくさんあり、どれにするかかなり迷いました。

結局、初心者向けの本を数冊購入しましたが、直接、本屋で中身を見ながら選んだ方が良かった気もしています。

 

そして、今日。

朝から何となくそわそわふわふわした気分でした。

夢の中で子どもに自転車の乗り方を教えている場面が出てきたのを思い出して、「いや、まだ産まれてないし。」と自分でツッコミを入れたり、スプーンではなくスマートフォンを朝ご飯のおかゆに突っ込みかけたりしていました。

通勤電車に揺られているうちにワークモードになりましたが、仕事の合間などふとしたときに、妻に「体調どう?」とLINEで送ってみたり、「父親かあ。」と妄想してにやけたり、ネットで赤ちゃん用品を見てみたりしました。

帰宅前に、妊娠祝いのケーキを選んでいる時も、「子どもが産まれて大きくなったらケーキも3つ買うんだなあ。」なんて考えていて、おつりをもらい損ねかけました。

 

我ながら、昨日の喜びの余韻が残りすぎていることに若干引いていますが、妻に話すとさらに引かれてしまいました。

とはいえ、家の中は珍しく洗濯物も洗い物も残っており、聞いてみると、妻も、家事そっちのけで赤ちゃんや妊娠のことをネットで調べまくっていたと白状しました。

 

妊娠が分かっただけで、夫婦がそろってこんな状態。

子どもが産まれたらどうなってしまうんだろうと我ながら少し心配ですが、もう少し、喜びをかみしめていようと思います。

 

そういえば、昨日妊娠が分かったので、昨日が妊娠の記念日だと思っていました。

しかし、よく考えると、妊娠したのはもっと前のはずなので、妊娠の記念日をするとすればいつが良いんだろうと考えています。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ
The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 弓弦羽神社のお守り1

    安産のお守り

  2. 妻が疑り深くなってきました

    妻が疑り深くなってきました

  3. ムカムカと吐き気

    ムカムカと吐き気

  4. 人工中絶手術

    「堕ろすことにしたよ」

  5. 妊娠6か月

    妊娠6ヶ月の女性と赤ちゃん

  6. こむら返り

    こむら返り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top