閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

胎動が来た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胎動が来た

ついに、胎動が始まったようです。

数日前から、妻がおなかを中から蹴られるような感覚があると言いだしました。

痛いわけではないけれど、時々どんっ!と衝撃が起こるようです。

最初は、寝ているときによく感じる、ウトウトしていたのに起きてしまったなどと言っていたので、寝方が悪くてどこかにぶつけているんじゃないかと心配していましたが、それにしては痛みもなく、外傷もないのでもしかしたらとは思っていました。

 

今日は、起きているときにも同じような衝撃が何度かあったようで、胎動だと確信したようです。

これまでは、何だろうと違和感を感じていた妻も、胎動だと認識すると、突然襲ってくる衝撃がいとおしく感じるようになったようで、私が帰宅すると真っ先に報告してきて、「もうすぐ来るかも」なんてタイミングも分からないのに言っていました。

私としても、胎動をいち早く体感したいと思い、スーツのままで妻のおなかに耳をあててしばらくじっとしていましたが、さすがにそんなに都合よく赤ちゃんが動いてくれるはずもありません。

ふと我に返り、おとなしく風呂に入りました。

食後も何となく気になって、何度か妻のおなかに手を当ててみましたが、おなかの中からの衝撃はありませんでした。

こればっかりは運を天に任せるしかないのだと思いますが、後でもうしばらく粘ってみようと思います。

 

調べてみると、胎動=おなかの赤ちゃんが元気ということにはならないようです。

それでも、これまで超音波検査の画像を見たときにだけ、妻のおなかの中に確かに赤ちゃんがいて、順調に成長しているという実感が得られていたものが、実際に自分のおなかの中から反応があるというのは、妻に取ってもかなり衝撃的で、いよいよお母さんとしての自覚を呼び覚まされたようです。

正直、ここのところ、安定期ということもあって妊娠しているという意識が薄れていました。

妊娠当初に大量購入した妊娠に関する書籍も、リビングに無造作に山積みされていました。

それが、強帰ってきてみると、何冊か引っこ抜いて読んだような跡がありました。

食後には、「日本語で書いてあるから分からない、ちゃんと説明して。」と本を持ってきて、一緒に妊娠5か月でやるべきことについて勉強しました。

妊娠5か月くらいから胎動を感じる人が増え始めて来るという文章を読んで、胎動に間違いないと思う一方で、男性が女性のおなかに触れて胎動を感じられるのはもう少し後になるかもしれないという文章を読んで、少し意気消沈しています。

超音波検査でおなかの中の画像を一緒に見るように、女性と男性が一緒に胎動を感じられたら良いのにと思ってしまいます。

 

枚方あき

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 妻が疑り深くなってきました

    妻が疑り深くなってきました

  2. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~

    前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中…

  3. 赤ちゃん用品選び

    赤ちゃん用品選び

  4. はじめまして

    はじめまして

  5. 人工中絶手術

    人工中絶手術について

  6. 家事修行

    家事修行

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top