閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

生理(月経)


生理(月経)

生理(月経)とは

生理という言葉を聞いてことがある人は多いと思いますが、具体的に女性の身体に何が起きているのかを正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

 

生理とは、一言で言うと、「妊娠する準備を整えましたよ。」という合図です。

生理が定期的にあるということは、女性の身体が健康な妊娠をする準備はできている証です。

女性にとって生理は、生理痛、生理前の気分の落ち込みやイライラなど負担が大きいものですが、妊娠するためには欠かせない現象です。

 

女性の身体は、10代半ばころに子どもを出産できるようになると、だいたい1か月に一度、妊娠する準備をするようになり、生理が始まります。

主な流れは以下のとおりです。

  1. エストロゲン(卵胞ホルモン)などの女性ホルモンによって、脳から卵巣を刺激する命令が出されます。
  2. 卵巣がその内部にある卵胞を成熟させて卵子を放出し、卵子を卵管で待機させます。
  3. 排卵されると、今度は子宮が子宮内膜を厚くして受精卵が着床できるよう準備を整えます。

 

こうして女性の体内で妊娠の準備が整います。

しかし、毎回受精が行われるわけではありません。

受精が行われなかった場合、卵子は卵管内で自然消滅し、子宮内でも子宮内膜がはがれ落ちて女性の体外に出て行きます。

子宮内膜がはがれ落ちて女性の体外に出る現象が、一般に生理と呼ばれているものです。

 

生理の周期

たいだい1か月ごとに生理がある場合の女性の体調は、生理の時期を含め、大きく4つの周期に分けることができます。

卵胞期

女性の体調や気分がもっとも良い時期だと言われていて、おおむね1週間続きます。

脳から分泌された性腺刺激ホルモンが、血液を通って卵巣に伝わります。

すると、卵巣は、その内部にある卵胞のいくつかを卵子に育てだします。

そして、卵胞のうちの一つが卵子として成長を遂げます。

このとき、子宮では、受精卵の着床準備を整えるために子宮内膜が厚くなりだします。

排卵期

卵巣で育った卵子が、卵巣から放出されて卵管采にキャッチされ、卵管内に留まる時期です。

卵子が排卵される前後の合計5日間です。

黄体期

子宮で子宮内膜がどんどん厚くなっていく時期です。

4つの周期の中で最も長く、11日から2週間くらい続きます。

女性ホルモンの影響で、便秘や肌荒れ等の体調不良が出る人もいます。

気分の落ち込みやイライラを感じやすいのも、この時期です。

受精している場合は、受精卵が細胞分裂を繰り返しながら卵管を通って子宮までたどり着くまでの期間になります。

生理(月経)

一般的に生理と呼ばれている時期です。

受精卵が子宮に着床しないと、女性ホルモンの分泌が減ります。

その結果、子宮では厚くなっていた子宮内膜がはがれ落ちて、血液と一緒に身体の外に出て行きます。

この時期が5、6日続いた後、女性の身体は卵胞期になり、再び妊娠の準備を始めることになります。

 

The following two tabs change content below.
ページ上部へ戻る
Top