閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

つわりの症状


つわりの具体的な症状

吐き気とおう吐

つわりの代表的な症状です。

つわりを経験した女性の約90%が、程度の差はあるものの吐き気やおう吐を経験しています。

症状が重い場合には、おう吐を繰り返して食べ物も水分も受けつけなくなり、栄養失調や脱水状態になってしまいます。

こうした日常生活が送れなくなるくらいの酷いつわりを妊娠悪阻と言い、病院に通院、もしくは入院して点滴などの治療をうけることになります。

においに敏感になる

食べ物、タバコ、体臭、口臭などにおいに敏感になります。

台所や洗濯物置き場に立つだけで、吐き気や立ちくらみを起こすこともあり、家事をこなしている女性には辛い日々が続くことになります。

食べ物の好みが変わる

妊娠前に好んで食べていた食べ物が嫌いになり、反対に嫌いだったものが食べたくなることがあります。

また、ある特定のものしか食べられなくなったり、食べ物を見ただけで気分が悪くなったりすることもあります。

女性自身が驚くくらいガラッと好みが変わりますが、安定期に入ると妊娠前の好みに戻る人が多いようです。

眠い

慢性的な眠気が続くことがあります。

夜に熟睡できなくて昼に眠い、熟睡しても眠気が取れないなど症状は様々です。

また、仕事中でも起きていられないくらい眠たくなるなど、生活に支障が出てしまう場合もすくなくありません。

だるい

寝ても起きても、適度に運動してもとにかくだるい状態が続くことがあります。

頭痛

頭痛の症状を訴える人も少なくありません。

特に、吐いた後や、仕事や家事で疲れているときに感じやすいようです。

妊娠中は、痛み止めなどの使用を控える必要があるため、酷い頭痛に悩まされ続けて疲弊してしまう人もいます。

唾液量が多くなる

唾液の量が多くなり、気づかないうちによだれが流れてしまうこともあります。

唾液を飲み込むのが不快になり、頻繁に口から出さずにはいられなくなる人もいます。

精神的に不安定になる

些細なことが気になり、いらだち、不満、怒りなどマイナスの感情を抱きやすくなり、ストレスも感じやすくなります。

精神的な症状だけが出ることはあまりなく、吐き気やおう吐など身体的なしんどさが原因で精神的に不安定になる人がほとんどです。

胃のもたれやむかつきを感じる

女性ホルモンの分泌や、大きくなった子宮が胃を圧迫することが原因で、胃のもたれやむかつきを感じることもあります。

便秘と頻尿

やはり、女性ホルモンや大きくなった子宮の影響です。

また、下痢の症状に悩まされることもあります。

The following two tabs change content below.
ページ上部へ戻る
Top