閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

産婦人科の内診ってどんな感じ?怖い?痛い?興奮する?


 産婦人科の内診ってどんな感じ?

産婦人科の内診

内診とは

内診とは、医師が膣の中に指や専用の器具を挿入して、卵巣や子宮の状態を調べる診察のことです。

内診台という特殊な診察台に座り、台の両脇にある台座に片足ずつ乗せて、足を開いた状態で診察を受けます。

産婦人科の診察や検査の中で、女性が一番不安や抵抗を感じるのがこの内診です。

痛いんじゃないか、性的な目で見られるのではないか、興奮してしまうのではないか、内診を受ける女性の多くは、そんな不安を抱えます。

最もプライベートなところを、医師とはいえ他人にのぞかれ、指や器具まで挿入されるのですから、不安や抵抗を感じるのは当然のことです。

しかし、内診は、他の検査では分からない子宮内や子宮口の異常や病気を発見できる大切なもので、母体やおなかの子どものためには欠かせません。

最近は、女性の医師が増えていますし、どの病院で診察を受けるのも自由です。

同じ内診をされるのでも、男性医師と女性医師では不安や抵抗がまるで違うという人は、女性の産婦人科医がいる病院を探して受診してみてください。

検査前の身体のケア

何も必要ありません。

性器のにおいや陰毛の処理を気にする女性は多いですが、医師は仕事として割り切って、異常や問題がないかを淡々と調べているので、気にすることはありません。

また、内診前はきちんと消毒することになっているので、衛生面の心配も必要ありません。

どうしても気になる場合は、シャワーを浴びてから受診しても良いでしょう。

 ただ、妊婦検診では、内診の前に尿検査を受ける事になります。

そのため、最初はシャワーを浴びていったけれど、あまり意味がなかったから止めたという女性が多いようです。

妊婦検診の流れについてはこちら、妊婦検診の診察についてはこちらで説明しています。

内診を受ける際の服装

内診では、膣の内外を見たり触れたりするため、下着を脱ぐ必要があります。

そのため、下着が脱ぎやすく下半身を隠せるスカートと、下着を脱ぐ際に邪魔にならない靴下がおすすめです。

ズボンやレギンス、ストッキングは、下着と一緒に脱ぐことになって手間ですし、内診の際に下半身が丸裸になってしまいます。

どうしてもズボンを履きたい人は、お尻が隠れるくらいの長めのトップスを着て行くと、ズボンを脱いだ状態でも、下半身の一部を隠せるので恥ずかしさは和らぎます。

なお、検査後はおりものや血が出ることがあるので、ナプキンを持参しておくと安心です。

内診の手順

外陰部

目視で検査します。

性器ヘルペスなどの感染症の有無や、膣や子宮口の形に異常や傷がないかどうかを調べます。

膣内

膣鏡(クスコ)という鳥のくちばし状の器具を挿入して膣を開き、出血や炎症がないかどうか、おりものに異常が見られないかどうかを調べます。

内診の中で最も緊張する瞬間です。

膣鏡を挿入されたときや開かれたときに痛みを感じることがあります。

少しは痛むものなんだろう、医師が何も言わないから大丈夫なんだろうと思う女性が多いようですが、医師は意外と気づいてくれません。

膣内が傷ついてしまう危険性があるので、少しでも痛みを感じたらすぐ医師に伝えるようにしてください。

子宮頸部

頸管ポリープの有無などを調べます。

膣内の検査と同じで膣鏡を使用します。

卵巣と子宮

片方の手の指を膣内に挿入し、もう片方の手をおなかの上に当てて軽く押し、卵巣や子宮の腫れの有無や固さを調べます。

内診が終わると、超音波検査で子宮の内部を調べます。

超音波検査は、経膣プローブという器具を膣に挿入して行います。

内診で分かること

正常な妊娠をしているかどうかが分かります。

また、妊娠の異常、膣感染症の有無、細菌感染の有無、膣や子宮口の形の異常、膣炎、出血、卵巣の異常の有無などが分かります。

妊娠中に起こりやすい異常については、こちらで説明しています。

内診の受け方

医師の問診に続いて行われ、医師や看護師が内診台まで案内してくれます。

下着を脱いで内診台に座り、足を大きく開いて台の左右にある台座に片足ずつ乗せます。

腹部にカーテンが引けるようになっており、内診台に座った段階で医師や看護師がカーテンを引いてくれるので、内診中の医師と目を合わせなくて済みます。

初回は、足を大きく開くことに驚き、恥ずかしさや緊張感に襲われるはずです。

しかし、力が入ると指や器具がうまく挿入できないなど、診察に時間がかかってしまいます。

なかなか難しいことですが、深呼吸をして身体の力を抜くように努めてください。

器具を挿入される際は、少しの異物感はありますが、痛みはほとんどありません。

男性の同席

どこの産婦人科でも、男性は待合室までは入ることはできますが、内診に同席できるかどうかは病院によって対応が異なります。

妻と私が妊婦健診に通った病院では、診察室までは私も入室できましたが、内診には立ち会えませんでした。

内診の前には問診票の記載と医師による問診があり、女性は性や妊娠に関するプライベートな内容を聞かれるので、男性の同席に否定的な女性も少なくないでしょう。

女性が同席に消極的な場合は待合室で待機するなど、女性の意思を尊重することが大切です。

The following two tabs change content below.
ページ上部へ戻る
Top