閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊娠ブログは終わりにしたはずだったんですが・・・
  2. ブログの更新はこれで終わりです。
  3. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~後編~
  4. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~中編~
  5. 前期破水、陣痛促進剤の使用を経て、巨大児を出産するまでの過程~前編~
  6. 赤ちゃんが生まれました!!!
  7. 錠剤の陣痛誘発剤は効果なく、点滴型の陣痛促進剤の使用を始めました
  8. 陣痛誘発剤の使用を開始。でも目立った陣痛はなく、、、
  9. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました
  10. 出産間近、みんなの気持ち
閉じる

男の妊活

ブログを書いてお金儲けをしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを書いてお金儲けをしよう

今日、メールボックスに、「ブログを書いてお金儲けをしよう。」というタイトルのメールが届きました。

 

宛先も差出人も見たことがないので、迷惑メールと判断してすぐゴミ箱に放り込みましたが、少し気になったのでチラッと中身をのぞいてみました。

メールの内容は、要するにこのブログにアフィリエイト広告を貼り付けて小銭を稼ぎませんかということでした。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、アフィリエイトというのは、webページやメールマガジンなどに広告主のリンクを張り、閲覧した人がリンクをクリックして広告主のサイト等へ行き、そこで登録や買い物をすると、その一部がwebページやメールマガジンの運営者に支払われるというものです。

誰でも簡単にブログやホームページを作れるようになったころから急速に発展し、最近では、アメーバブログなどで芸能人が副業としてアフィリエイトをしている話もよく聞きます。

ブログやホームーページにリンクをお金儲けができるということで、たくさんの人がアフィリエイトを始めているので、裾野はかなり広がっています。

しかし、実際に儲けられているのは有名人と一部のノウハウを持った人たちだけで、アフィリエイトをしている95%くらいは、月収5000円未満、時給換算すると10円以下の人も多いと言われています。

 

明らかに迷惑メールなのに、なぜメールを開いてみたかというと、実は、私もアフィリエイトをやっていたことがあるからです。

といっても、よくある物販系ではなくお悩み系のサイトだったので、Googleアドセンスのみを利用しており、ノウハウを教えてくれる人にも恵まれて、3か月くらいで月数万円は得られるようになりました。

しかし、仕事で得られる給料とは比べ物にならないくらい少ないですし、教えてくれている人から、私が運営していたサイトでは頑張って月10万円くらいが限度だと言われたので、しばらく考えた結果、本業に専念することにして辞めました。

 

それから、久しくアフィリエイトから遠のいていたのですが、メールのタイトルを見てアフィリエイトだろうなと思い、ついつい懐かしくて開いてしまいました。

メールには、Googleアドセンス、楽天、ヤフー、バリューコマース、A8ネット、リンクシェアなどなど、アフィリエイトをやっている人なら誰でも知っているような会社名が並び、これらの会社が何もしなくてもお金を与えてくれるかのように書かれていました。

実際に儲かるのは差出人で、送られてきた側はお金を払うだけなのですが、その辺りは上手く伏せてありました。

アフィリエイトに興味を持ったときに無料メールマガジンに登録しまくっていた際にも、同じようなメールがたくさん来ていたので、「以前と何も変わっていないなあ。」という気持ちになりました。

メールの随所に「経済的自由を手にするのは今!いつやるの?今でしょ!」という古いフレーズが使われているなど面白さも感じましたが、一方で、突然連絡してきてごり押しで成果を上げようとする姿勢は、押し売りやオレオレ詐欺にも通じる物がある気がして、少し怖さも感じました。

 

それにしても、なぜ突然、メールが来たんでしょう。

ニュースで騒がれているベネッセの情報流出の余波かもなんて疑ってしまいます。

 

枚方あき

にほんブログ村 マタニティーブログへ

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 妊婦検診の流れ

    妊婦健診の流れ

  2. 妊娠7カ月

    妊娠7カ月。安定期も後半に入り、出産の準備を始める時期

  3. ソファは来たけれど・・・

    ソファは来たけれど・・・

  4. 陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました

    陣痛が来る前に破水し、急遽入院が決まりました

  5. 初めての産婦人科の診察

    初めての産婦人科の診察②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Top